グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 診療科・部門紹介 > 部門紹介 > 訪問看護ステーション・居宅介護支援事業所

訪問看護ステーション・居宅介護支援事業所



1. 訪問看護ステーション

介護保険と医療保険であらゆる在宅療養者を支援します
碧南市訪問看護ステーションは、介護が必要な方に住み慣れた自宅で安心して療養していただくため、専門的視点から看護やリハビリテーションなどのサービスを提供します。
病院からの退院に不安を抱えてみえる患者様や自宅での介護に困っていらっしゃる方など、お気軽にご相談ください。

事業所概要

事業所名称 碧南市訪問看護ステーション
所在地 碧南市平和町3丁目6番地
設置者 碧南市長
電話番号 0566-48-5050(代)
実施事業 訪問看護 / 介護予防訪問看護 / 精神科訪問看護 / 居宅療養管理指導 / 介護予防居宅療養管理指導
営業日 祝日を除く月曜日~金曜日
※休業日の予定訪問についてはご相談ください。
※緊急の場合、休業日も対応します。
休業日 土曜日、日曜日、祝日、12月29日~1月3日
営業時間 午前8時30分~午後5時15分
※緊急の場合、営業時間外も対応します。
実施地域 碧南市
※隣接する安城市、高浜市、西尾市の方はご相談ください
サービス提供体制 24時間対応体制
対応可能な医療処置等 人工呼吸器(BIPAP含め)/ 在宅酸素療法 / 在宅中心静脈栄養(CVポート含め)/ 点滴注射 / 人工肛門(ストマ)/ 人工膀胱 / 腎ろう / 膀胱ろう / 膀胱留置カテーテル / 胃ろう・経管栄養 / 気管カニューレ / 吸引 / 麻薬を用いた疼痛管理 / 褥瘡(床ずれ)の予防及び処置
※在宅自己腹膜灌流(CAPD)についてはご相談ください

ご利用いただける方

医療的処置がある、退院したばかりで今後の生活が不安、入退院を繰り返しているなどの場合には、身近に相談できる人がいると安心につながります。ぜひ訪問看護をご利用ください。
0歳から40歳未満
  • 医療保険による訪問看護の対象
  • 継続的に医療が必要なお子様
  • 病気または障害により在宅で療養生活をされている方
  • 定期的に医療的な支援が必要な方
  • 子育てに不安なお母さんの相談に対応
病気や障害により、ご自宅での生活にお困りの方はぜひご相談ください
40歳~64歳の方 介護保険の対象となる病気(特定疾病)が原因で「要介護認定」を受けた場合に、介護保険を利用できます。
65歳以上の方 要支援1~要介護5の認定を受けている方は介護保険による訪問看護の対象となります。
  • 病気または障害により在宅で療養生活をされている方
  • 加齢により食事や排泄、入浴など生活が難しくなってきた方
  • 寝たきりや寝たきりに近い状態の方
  • 手術や治療直後で体の状態が不安定な方
  • 医療処置が必要な方
  • 認知症があり介護が必要な方

サービスの内容

訪問看護では下記のようなさまざまな看護を提供します。またご本人がディサービスなどは利用したがらないが家に来てくれるサービスなら利用したいという場合もご相談ください。訪問看護の利用をきっかけにディサービスなどを利用できるようになる方もいらっしゃいます。
介護に困ったらまずはご相談ください。
健康状態の観察や特別な病状の観察と助言(体温・脈拍・呼吸・血圧)
日常生活の看護:ご本人の望む生活ができるようお手伝いします
  • 食事の援助
  • 身体の清潔
  • お口の中の清潔
  • 排泄の援助
  • 安楽な体位の工夫
  • 寝たきり予防
  • 環境の整備
在宅リハビリテーション看護:寝たきり予防など自立した生活をお手伝いします
  • 寝返りの援助
  • 日常生活動作訓練(食事・移動・排泄・入浴・歩行)
  • 生活の自立支援
  • 福祉用具の利用相談(ベッド・車いす・ポータブルトイレなど)
治療促進、症状緩和のための看護:主治医との連携により実施します
  • 服薬管理
  • 麻薬による疼痛管理
  • 床ずれや創傷の処置など
  • 医療機器や器具装着の管理
  • 各種カテーテルの管理
認知症の看護:認知症のご本人・ご家族の安心につながるよう支援します
  • 体調管理
  • 生活リズム調整
  • 認知症に対する看護・介護相談
精神・心理面の看護:精神科通院中の方の生活の支援をします
  • 不安定な精神・心理状態のケア
終末期の看護:ご本人の望む生活が最期までかなえられるようお手伝いします
  • 苦痛の緩和
  • 家族の健康管理
  • 精神的ケア
  • 看取りケア
社会的資源導入に関する助言
  • 行政及び福祉機関、民間による在宅福祉サービスの紹介及び連携
主治医やケアマネジャー等の関係者への連絡

訪問回数と滞在時間

介護保険を利用する場合は訪問回数に制限はありません。ただし介護度によってサービスを使える限度額があるため、他の介護サービスとの調整が必要となります。基本的にはケアマネジャーが作成するケアプランに基づく訪問回数になります。介護保険利用の場合、滞在時間によって料金は異なります。
退院直後、状態が悪化した場合などは主治医に特別な指示を受け医療保険により毎日、あるいは日に複数回の訪問することも可能です。医療保険を利用するの訪問回数は原則週3回までですが、病気や状態によって週4日以上、1日2回以上の訪問も可能です。滞在時間は30分~90分です。

緊急対応

訪問看護の契約者様には、容態が急変したり介護でお困りのときは24時間専用電話での相談ができます。
必要に応じて緊急訪問もいたします。

個人情報の保護について

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ご利用の流れ

主治医に相談
ケアマネジャーに相談
市民病院看護師に相談

主治医が指示書を交付します

訪問看護ステーションと契約 訪問看護の内容などご理解の上、契約の手続きを行います

訪問看護サービス開始 指示書に従いサービスを開始します

2. 居宅介護支援事業所

介護保険に関するすべての相談窓口です
認定の申請から、居宅サービス計画、サービス内容への苦情受付まで、介護保険に関するすべての相談 窓口です。