グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 診療科・部門紹介 > 部門紹介 > 画像診断室

画像診断室


基本方針

病院の基本理念である『温かな 心のこもった医療の提供』を基に、『患者さんが安心して適切な画像検査および放射線治療が受けられるよう努める』を画像診断室の基本方針としています。

概要

一般撮影・透視検査・CT検査・MRI検査・超音波検査・ 血管撮影検査・骨密度測定検査・アイソトープ検査・内視鏡検査(消化器内科の医師が主に施行)・体外衝撃波結石破砕治療(泌尿器科医師が施行)・放射線治療などの業務を行っています。

人員構成

放射線科医 常勤医師1名、非常勤医師2名(診断医 1名、放射線治療医 1名)
診療放射線技師 17名(男性12名・女性5名/内パート2名)
看護師 検査に応じて3名~5名
画像看護師5名
IVナース(院内認定看護師)1名
受付事務員 午前3名、午後1名

認定資格

検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師
X線CT認定技師
AiCT認定技師
磁気共鳴専門技術者
第一種放射線取扱主任者
超音波検査士
放射線管理士
放射線機器管理士
医用画像情報精度管理士
臨床実習指導教員
医療経営士(3級)
第一種衛生管理者
衛生工学衛生管理者
産業カウンセラー