グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





禁煙外来


禁煙治療(完全予約制)のご案内
2006年4月から禁煙治療が条件付きで保険適用されることとなりました。これは喫煙を単なる生活習慣や嗜好と考えるのでなく、『ニコチン依存症』という病気としてとらえ、必要な治療を行うという考え方です。

どんな人が治療を受けるの?

治療を受けるにあたって、以下の4つの条件を満たした場合、保険適用になります。
  1. ニコチン依存症を診断するテスト(TDS)で5点以上(※下記のテスト参照ください)
  2. (35歳以上の方については)1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数が200以上
  3. 直ちに禁煙を希望していている方
  4. 禁煙治療を受けることに文書で同意している。(※これに該当しなくても自由診療(保険外診療)で治療は可能です。)

ニコチン依存症のスクリーニングテスト「TDS」について

設問内容 はい
1点
いいえ
0点
問1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
問2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
問3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
問4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
問5 問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
問6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
問7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
問8 タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
問9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
問10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。
合計

どんな治療をするの?

受診期間

治療前の問診 本日
初回治療 月  日
2回目(2週間後) 月  日
3回目(4週間後) 月  日
4回目(8週間後) 月  日
卒煙(12週間後) 月  日

治療内容

禁煙治療のための条件の確認
  1. 診察
  2. 呼気一酸化炭素濃度の測定
  3. 禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
  4. 禁煙補助薬の処方

禁煙の薬ってどんな薬?

禁煙のための補助薬であるニコチンパッチとニコチンガムが使えます。この薬は、禁煙後の離脱症状をおさえ、禁煙を助けてくれます。薬を使うと禁煙の成功率が約2倍高まります。

また最近では、バレニクリンというニコチンを含まない禁煙補助薬もあります。ニコチンを含まない飲み薬は、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くするほか、タバコをおいしいと感じにくくします。飲み始めの1週間はタバコを吸いながら服用し、8日目には禁煙を開始します。通常、服用期間は12週間です。

なお、1の条件を満たし健康保険が使用できるのは、ニコチンパッチとバレニクリンとなります。ニコチンガムは薬局等で購入できます。

ニコチンパッチ

ニコチンパッチは、『ニコチネルTTS』という名前です。ニコチネルTTSは、3種類の大きさがあります。
1日1回貼りかえてください。貼っていただく位置は、上腕、腹部、腰背部のいずれかにしてください。体毛の濃い場所、皮膚病のある場所は避けてください。貼る場所が塗れている時はタオルなどで十分に拭いて乾燥させてください。

ニコチネルTTS30

ニコチネルTTS20

ニコチネルTTS10

  • 禁煙開始 4週間まで…ニコチネルTTS30
  • 禁煙開始 6週間まで…ニコチネルTTS20
  • 禁煙開始 8週間まで…ニコチネルTTS10
をそれぞれ使用します。
費用 健康保険(3割負担)の方 自費診療の方
病院 約7,000円
診察料(ニコチン依存管理料+院外処方せん料)
約9,000円
診察料(院外処方せん料)
保険調剤薬局 約8,000円 約26,000円
合計 約15,000円 約35,000円
上記の表の金額は、治療内容及びお持ちになるかかりつけ薬局によって異なる場合があります。
  • 禁煙のみを目的に病院外来での治療と仮定、対象は70歳未満として算定。
  • 標準的な使用量ニコチネルTTS30を2箱、20を1箱、10を1箱。
  • ニコチンパッチのみ処方されると仮定。
  • 平成28年4月現在の金額です。

バレニクリン(チャンピックス錠)

チャンピックスはニコチンを含まず、脳内のニコチン受容体に高い結合親和性があり、1) 離脱症状やたばこへの切望感を軽減し、2) 禁煙から得られる満足感を抑制する効果があります。3) 循環器疾患(重篤な心筋梗塞や不整脈など)の場合もでき、4) 禁煙成功率が高いとされています。★医師による処方が必要です。
  • 1日~3日…チャンピックス0.5mg:1日1回 食後
  • 4日~7日…チャンピックス0.5mg:1日2回 朝夕食後
  • 8日目以降(禁煙開始)~12週目(卒煙)…チャンピックス1mg:1日2回 朝夕食後
費用 健康保険(3割負担)の方 自費診療の方
病院 約7,000円
診察料(ニコチン依存管理料+院外処方せん料)
約10,000円
診察料(院外処方せん料)
保険調剤薬局 約15,000円 約50,000円
合計 約22,000円 約60,000円
上記の表の金額は、治療内容及びお持ちになるかかりつけ薬局によって異なる場合があります。
  • 禁煙のみを目的に病院外来での治療と仮定、対象は70歳未満として算定。
  • 標準的な用法・用量で使用すると仮定
  • チャンピックスのみ処方されると仮定
  • 平成28年4月現在の金額です。