グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





救急外来



救急外来の診療体制

当院は救急告示病院の認定を受け、事故等によるケガや病状が急変悪化した患者(救急患者)様を受け入れるため24時間の救急医療に対応しています。
救急外来では、地域の医療機関(診療所・病院)と連携・役割分担を図りながら、手術・検査や緊急入院などを必要とする比較的症状の重い患者さん(2次救急)を中心に治療しております。
救急医療を円滑に提供できるようにするため、日頃からすぐに診察してもらえたり、相談ができる近所の診療所といった「かかりつけ医」を持たれるよう皆様のご理解とご協力をお願いします。

救急外来では

  1. 重症患者を優先して診察します。
    救急外来では、看護師により重症度を判断し、重症の患者さんを優先して診療を行っています(院内トリアージ)。そのため、順番が変わることもありますのでご了承ください。また、入院中の患者さんの緊急治療中の場合などには、診察までの待ち時間が長くなることがあります。

  2. 夜間・休日は、緊急的な検査のみ行っています。
    平日と同様の診察を受けられないことがありますので、何日も前から症状が出ている場合は、必ず平日の外来診察時間内に受診してください。
    また、診断書は発行できませんのでご了承ください。

  3. お薬は、1日分のみの処方です。
    応急処置のため原則として1日分(翌平日まで)の薬しか出ません。

  4. 救急外来では当直医が専門分野以外の患者さんも診察します。

  5. 当院は研修指定病院です。
    救急外来において研修医が診療することもあります。

救急外来での受診方法

  1. 0566-48-5050(代表)へお電話ください。※重症の場合は、119番へ
  2. 担当看護師につなぎますので、氏名、年齢、病状・ケガの程度などをお話ください。
  3. 保険証など必要なものを持って来院してください。

救急外来受診に必要なもの

  • 保険証
  • 診察券(お持ちの方)
  • 診療費
  • 公費医療受給者証等(お持ちの方)

救急外来の受付

救急外来の待合室


こどもの休日夜間救急

子供の病気は突然です!いざというときに備えて
  • 日頃から子供の特徴や体質、病歴などを知っているかかりつけ医を持ち、急病の時に診察を受けたり相談できるようにしておきましょう。
  • 診察には、医師、看護師、検査技師、薬剤師などの多くのスタッフが関わっています。おかしいなと思ったら早めに、スタッフのそろっている診療時間内に受診しましょう。
  • 休日・夜間に急病で受診する場合は、まずかかりつけ医に相談しましょう。かかりつけ医と連絡が取れない場合は、下記に電話して対応してください。
愛知県救急医療
情報センター
0566-36-1133
0566-63-0138
24時間365日、電話で小児科対応の医療機関を教えてくれます。
こどもの休日夜間
救急時の相談
#8000(携帯電話不可)
052-263-9909
土曜・日曜・祝日・年末年始 
19時00分~23時00分 15歳未満の子供が対象
看護師、愛知県小児科医会の医師が対応
碧南市民病院 0566-48-5050 土曜・日曜・祝日・年末年始、平日の17時00分以降は小児科専門医が不在のため、専門医以外の医師が診察します。そのため、急変などの場合に備え入院し様子を見させていただきます。
土曜・日曜・祝日の13時00分から15時00分までは小児科医師による診察を行っています。