グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 当院について > 病院長あいさつ

病院長あいさつ


新年度を迎えて

病院長 亀岡伸樹

 ちょうど一年前の4月、当院で新型コロナウイルスの院内発生による診療制限という事態となってしまいました。患者さんやご家族、市民の皆様、周辺の医療・介護関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしたことを改めてお詫び申し上げます。
 この感染症は私たちの日常を一変させ、多くの人々を苦しめ、命を奪ってきました。そして今なお流行は衰えることなく第4波が襲来しています。今後も感染を防ぎながらどのように生活して行くか、仕事や学業をどのように進めて行くか、新しい行動様式を模索し続ける必要がありそうです。
 私共医療者は、医療のプロフェッショナルとしてこの感染症に正面から向かい合っています。昨年の院内感染を契機に業務の進め方を見直し新しいルールを定め、今後の新しい病院のあり方を模索してきました。
 まず、感染制御を最優先事項としています。そして、碧南市の地域医療の中核として、地域との連携が途切れないように、また医療圏の中での役割を果たすことができるようにします。
 そのために、これまでしてきたができないと諦めるのではなく、できる方法を考え、医療の質を保ち、患者さんやご家族のご希望や利便性を少しでも向上させるよう努力してきました。

 新年度になり新入職員も入り職員は活気に満ちています。研修医、常勤医師も増え診療体制も充実してきました。
 現在は全ての診療を以前と同様に行っております。今後も基本理念である「温かな心のこもった医療」を提供してまいります。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

令和3年4月