グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 当院について > 病院長あいさつ

病院長あいさつ


病院長 亀岡伸樹

 昨年の4月に病院長に就任し、新しい体制作りを始めました。
 5月には開院30周年を迎え、10月に記念式典と記念行事として「ハナちゃんフェスティバル」を開催しました。多くの市民の方々に参加していただき、病院をよりよく知ってもらう事ができたと思います。
 30年の伝統を守りながらも慣習にとらわれることなく、ローカルルールではなくグローバルスタンダードに準じて物事を考えることができるようにしたいと思っています。
 職員に根付いている病院の基本理念「温かな心のこもった医療」を堅持し、新たに病院の使命として「公立病院として、碧南市および二次医療圏の中で地域医療の中心的な存在となること」を掲げました。そして、提供する医療の質を向上し、収支を改善して病院の価値を高めることを目標としています。
 大きな時代の変化の中で市民病院が今後どのように変革すべきか、どうあるべきかについて、今後病院内外のご意見をいただきながら考えてまいりたいと存じます。
 職員が一丸となり、努力してまいりますのでどうぞよろしくご支援をお願い申し上げます。
                                           2019.7.1