グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 採用情報 > 研修医募集 > 研修医(先輩)のコメント

研修医(先輩)のコメント


内科副医長 久田剛輝(平成26年度初期研修修了)

卒業に際し、もとより医師の少ない地元である愛知県でゆくゆくは働きたいと思い、戻ってきました。
研修先の病院を選ぶにあたり、愛知県を中心に静岡、滋賀、秋田の10以上の病院を見学しました。中には有名な大病院や大学病院もありました。
その中で、碧南市民病院の研修医が最も「デキレジ」だったと感じたことが、当院を選んだきっかけです。2年目の研修医の救急外来を見学した際に、診察のスピード、的確さ、患者さんへの配慮など、2年後、「こうなっていたい!」そう思わせる診察を碧南市民病院の研修医はしていました。この病院でなら、頑張れば「デキレジ」になれる!そう思い、研修先を選びました。

正直、碧南市民病院は全国的にも、県内でも「無名病院」です。近隣に有名病院があること、愛知県という研修病院の多い地区であることもあり、知らない人がほとんどです。
しかし、「確かな臨床力、医師としての能力」が欲しいのであれば、ぜひお越しください。
私は碧南市民病院で研修後、引き続き神経内科医として勤務していますが、この病院だったからこそ学生時代に苦手とし、逃げ回っていた神経内科で勉強したいと思うことができました。それだけ2年間の研修で自身と力がついたのだと信じています。
また、当院は常に変わり続けている病院でもあります。研修医、若手医師が中心となって、よりよい研修ができるよう、病院に対して意見を述べ続けています。その結果、研修制度、研修医の待遇も私が研修をしていたころよりも、さらに良いものとなっています。

麻酔科副医長 久田智子(平成26年度初期研修修了)

アットホームな雰囲気が魅力的

医学部に入って10以上の病院を見学したのですが、碧南市民病院は医師同士だけではなく、看護師やコメディカルの方とも仲がとても良く、その雰囲気に魅かれました。入職した今でも、とてもアットホームな病院だと改めて実感しています。

救急外来と豊富な手技・勉強会で実力がつく

碧南市民病院の研修プログラムの大きな特徴は救急外来研修を毎週1回、通年で行うことです。幅広い症例を経験することで、目的をもって各科の研修に臨むことができます。救急外来と当直は、研修医1人で対応することが多いので、実力が問われますが、困った時にはいつでもコンサルトでき、すぐに上級医の協力が得られます。
手技については、入職直後の結紮ラボを皮切りに、腹水穿刺や胃・大腸カメラ、トロッカー挿入などを体験しました。当院で初期研修した後に残る先生が多いため、親身になって教えてくださいます。
また、週に1回の研修医勉強会では救急外来で活かせる知識が学べ、放射線科医師による画像勉強会では、画像読影の力が着実につきます。ほかにも英語の抄読会や症例発表、外部講師による講演会も行われており、現場で役立つ知識が得られます。

神経内科医長 鈴木究(平成22年度初期研修修了)

僕自身もこの病院で初期研修をはじめ、そこから8年が経ちましたが、これまでのどの世代のどの後輩も、皆着実に実力をつけています。救急外来では、commonな症例だけでなく、emergentな症例も経験でき、そのインパクト有る経験をもとに、医師として成長していく姿が、とても頼もしく見えます。
画像や検査の技師さん、薬剤師さん、看護師さんなど周りの方々も気軽に相談に乗ってくださるため、病棟で担当医をした時などもとても心強いです。
碧南市民病院はあまり大きな病院ではありませんが、寧ろその利点をたくさん持った病院だと、8年経った今でも感じています。何気に高名な先生方が講演・指導に来てくださることも魅力の一つです。

研修医から皆さんへ一言