グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 特色・広報 > 新型コロナウイルスに関する当院からのお知らせ > 新型コロナウイルス感染症発生後の当院の取り組みと今後のご協力のお願い

新型コロナウイルス感染症発生後の当院の取り組みと今後のご協力のお願い


 令和2年4月5日(日)に入院中の患者さんにPCRを実施したところ陽性と判明し、その後患者さん5名、職員7名の陽性者が発生しましたことについて、患者さんやご家族、市民の皆様に多大なるご心配、ご迷惑をおかけしましたこと深くお詫び申し上げます。
 陽性者発生後、職員一丸となって改めて感染対策に取り組み、段階を追って診療再開ができるよう準備を整えてきました。5月5日(火)で最終の陽性確認から14日間を経過し、患者さんの症状出現もなく経過できました。また発生病棟入院中の患者さんを対象に検査を実施したところ、すべての患者さんの陰性が確認できました。よって5月7日より新規入院を再開できることとなりました。
 私ども医療従事者は、新型コロナウイルスへの伝搬経路の対策として、患者さん接触時の手指衛生とゴーグル着用、毎日の高頻度接触面の清掃やこまめな換気に努めています。
市中で流行しつつあるウイルス対策として患者さんおひとりおひとりにも、以下の対策へご協力をお願いいたします。

来院されるみなさまへ お願い

1. 持ち込まないために

① 病院に入る前に体温測定と問診(症状の確認)をさせていただきます。
② 病院に入るときにはアルコールでの手指消毒をしてください。
③ 症状がなくてもマスクを着用してください。

2. 拡げないために

① マスクは鼻からあごまでおおい、話すときもマスクは外さないようにしてください。
② トイレ使用後や鼻をかんだあとは、必ず石鹸で手洗いを実施してください。
③ 当院職員が依頼した場合を除いて面会は禁止です。ご不便をおかけします。荷物や差し入れは午後1~午後5時となっています。
④ 待合室での患者さん同士が接しないよう、間隔を開けて座っていただきます。また、そのため座れない場所を明示してあります。なお、自家用車でお越しの場合は車内で待っていただくこともあります。

3. 持ち出さないために

お帰りの際もアルコールでの手指消毒を実施してください。
以上の対応は今後変更することもあります。変更時はお知らせします。


2020年5月5日
碧南市民病院 感染対策チーム